バストアップ・豊胸手術の方法 > インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセント

バストアップの手術ではインフォームド・コンセントが重要です。

インフォームド・コンセントとは医師が患者に対し、治療の方法や内容、意味、効果、危険性、さらに治療後の経過予想やかかる費用などについて、患者が分かる言葉で十分に説明し、患者の理解を得た上で治療の同意を得ることを言います。

インフォームド・コンセントの概念はもともとアメリカから始まり、現在アメリカの医療現場では広く浸透しています。

近年では日本でもインフォームド・コンセントが重視され、実践しているところもありますが、未だ医師、患者ともに受身治療から抜けきれていないのが現状です。

バストアップをするための豊胸手術後のトラブルや苦情の多くは、インフォームド・コンセントがしっかり行われていなかったことが原因と考えられる場合が多くあります。
大切なバストの手術で失敗しないためには、全てを医師任せにせず、手術を受ける患者自身がしっかり自分の希望を伝え、疑問に感じたことは積極的に質問をする姿勢が大切です。
また豊胸手術はいずれの方法もメリットだけではなく、デメリットがつきものです。インフォームド・コンセントの中でしっかり両方の説明がされているか注意することも大切です。
バストアップを行うクリニックの中には、インフォームド・コンセントをしっかり行い、患者の悩みや希望に親身になって対応しているところもあります。そういったクリニックを選択肢、バストアップを成功させましょう。