バストアップ・豊胸手術の方法 > プライバシーへの配慮

プライバシーへの配慮

バストアップをする方法にはいろいろありますが、手術は最も短期間で効果を得られる方法として多くの女性に選択されています。

近年では豊胸手術の技術や安全性が飛躍的に向上し、手術の種類や選択肢が増えています。

また日帰りで手術を受けることも可能になり、気軽に豊胸手術が受けられる時代になったといえます。

現代ではバストアップをはじめ、美容に関する悩みを抱える女性は多く、中には深刻に悩みすぎて健康障害を引き起こすこともあります。
また手術で希望のバストを手に入れたとしても、できるだけその事実を他人には知られたくないというのが女性の心理でしょう。
そこで女性の美容に関わるクリニックには、プライバシーへの十分な配慮がされ、治療を受けていることが他人に知られない配慮が絶対的な条件と言えます。
全てのクリニックでは治療を行うにあたりカルテを作成、保管する義務があり、患者は名前や住所を記入する必要があります。豊胸手術に限らず医療行為には患者の秘密を守らなければならないという守秘義務があり、万が一クリニックが個人情報を外部へ漏らせば、医療者は罰せられてしまいます。そのためクリニックでは慎重に個人情報の管理を行っており、クリニックから家族へ連絡することもありません。
また多くのクリニックでは、クリニック内で患者同士が顔を合わさないように待合室や病室を完全個室する、完全予約システムを導入するなどの配慮がされています。また受付や院内放送で名前を呼ばれることもないため安心と言えるしょう。