バストアップ・豊胸手術の方法 > バストの理想の大きさ

バストの理想の大きさ

バストの理想の大きさは身長×0.53と言われ、またある調査では男性が好むバストのサイズはCからDカップという結果が出ています。

またバストは大きさだけではなく、美しい形であることも重要です。

女性のバストの形はさまざまですが、大きく「円盤」「円錐」「扁平」「ピラミッド」「円球」「下垂」の6つのタイプに分けられます。

この中で一般的に最も美しいと考えられているのは「円球」「円錐」タイプです。

ふっくらとし、丸みのある形が好まれているようです。

さらに張りがあり、ツンと上を向いたバストは美しく見えます。

また美しいバストにはトータルバランスも大切です。

鎖骨の中心から左右のバストトップを結んだ時、正三角形になるラインは「黄金比率」と言われ、美しいバランスと言われています。

またバストトップが肩と肘の中間辺りにあたり、バストトップを結んだ距離が顔幅と同じだとより美しいと言えます。

このようなバストを実現する手段として、手術を選択する女性が増えています。

バストアップの手術では各クリニックの研究開発により、手術方法や材料の選択肢が広がっています。

中でもバッグ挿入法ではバッグの種類が多様化し、希望の大きさや形、感触などによって挿入するバッグを選択することが可能になっています。

また脂肪注入法は自然で安全バストアップを実現し、バストの細かい部位に分けて脂肪を注入する方法で、サイズアップに加え美しい形に仕上げることが可能になっています。