バストアップ・豊胸手術の方法 > 全身麻酔と局所麻酔

全身麻酔と局所麻酔

バストアップの手術には痛みへの対策として麻酔が必要です。

麻酔とは一時的に痛みや知覚、意識を喪失させることをいいます。

麻酔は大きく「全身麻酔」と「局所麻酔」の2種類に分けられます。

全身麻酔は全身の感覚と意識を喪失させ、局所麻酔では意識は喪失させず、手術を行う部分だけの感覚を喪失させます。

かつて豊胸手術の麻酔は全身麻酔が一般的でした。

しかし全身麻酔が体に与える負担は大きく、入院を要する大掛かりな手術になっていました。

バストだけの手術でなぜ全身麻酔かというと、バスト全体に局所麻酔を効かせるためには多く数本の注射を打つことになってしまうからです。

しかし麻酔の注射は痛みが強く、患者に与える負担は大きくなっていました。

こういった問題から、豊胸手術に広まりつつある麻酔は「硬膜外麻酔」です。

硬膜外麻酔とは局所麻酔の一種で硬膜外の空間に麻酔薬を注入する方法です。

呼吸や意識はそのままで、バストの痛みだけを取り除くことができます。

無痛分娩などでは既に広く行われており、豊胸手術では日帰り手術が可能です。

また静脈麻酔も局所麻酔の一つですが、点滴による麻酔薬の注入で、短時間や狭い範囲のバストアップ手術で用いられます。

現在ではクリニックによって麻酔の選択はさまざまですが、多くのクリニックでは患者の状況に応じて、全身麻酔、局所麻酔を使い分けています。

麻酔によるトラブルは多く、麻酔へのしっかりとした体制が整っていることはクリニックの必須条件です。

麻酔科標榜医を置いているクリニックや安全体制の整っているクリニックを選び、安全なバストアップの手術を受けましょう。