バストアップ・豊胸手術の方法 > 豊胸手術後のアフターケア

豊胸手術後のアフターケア

バストアップの手術では、アフターケアがとても重要です。

特にバッグ挿入法では手術後1週間がとても大切な時期で、この時期にしっかりアフターケアを行うことが手術の仕上がりを左右します。

まず術後1日目頃にドレーンの除去を行います。

医師はドレーンの内容物や豊胸バッグの位置の確認をします。

そして術後3日目頃にガーゼとバストバンドを交換、術後1週間頃には抜糸を行います。

その後、バストを自然な柔らかさに仕上げるためにマッサージを行います。

希望によっては、手術後数年毎にMRI検診でバッグの状態を確認できるクリニックもあります。

脂肪注入法でも美しい仕上がりにするためには手術後のマッサージが重要です。

術後の3週間頃までは脂肪吸引部のマッサージを行います。

脂肪吸引法では手術後に吸引部の痛みがありますが、こういったアフターケアを確実に行えば、1ヶ月程度で痛みや違和感などの症状は落ち着いてきます。

アスターケアの時期や内容はクリニックによって異なり、中には手術後に無料で乳がん検診が受けられるところもあります。

アフターケアの料金は手術料金に含まれていることが多く、手術後の検査代や薬代、相談などは気軽に受けることができます。

アフターケアは手術後のバストを最良の状態に導き、維持するという役割があります。

つまり手術によるバストアップはアフターケアがあって始めて実現するといえます。

近年では各クリニックでアフターケアを充実させる傾向にあります。

信頼できるクリニックで、医師の指導に基づきアフターケアを受け、安心してバストアップを目指しましょう。