脂肪注入法

バストアップを実現する手術の一つに脂肪注入法があります。

脂肪注入法とは自分の身体の余った脂肪を吸引し、バストへ注入する手術です。

この手術では、加齢や授乳によるバストの下垂、左右非対称バスト、バッグ挿入法からの変換など、バストに関するさまざまな悩みや希望に対処できます。

バストに異物を挿入する手術と違い、バストと同質である自分の脂肪を注入するため、体の異物反応がありません。

そして脂肪の吸引と注入は注射器によって行われるため傷跡は残りません。

また不自然な形や感触がなく、レントゲンにも写らないこともメリットの一つです。

なんといっても不要な脂肪を減らしたながらバストアップができるという理想的なプロポーションに近づける方法です。

このようなメリットが脂肪注入法が近年人気を集めている理由だと考えられます。

しかし多くのメリットがある反面、大量の脂肪を注入することが難しく、大幅なバストアップに向いていないというデメリットがあります。

これは大量の脂肪注入を注入するとバストにしこりができやすく、またバストに注入された脂肪の約2分の1が3ヶ月から6ヶ月で体内に吸収されてしまうためです。

そこで各クリニックではさまざまな研究を重ね、ACR血小板や幹細胞を同時に注入する方法で、飛躍的に定着率が高めることに成功しています。

また大量の脂肪を注入する際には少量ずつ注入することによってしこりの発生を抑え、大幅なバストアップが可能になりつつあります。

飛躍的な技術の進歩を遂げた脂肪注入法で、今後も多くの女性がバストアップの夢を叶えることが期待されます。