バストアップ・豊胸手術の方法 > 豊胸バッグの種類

豊胸バッグの種類

バストアップの手術の中でもバッグ挿入法は、確実で効果的な方法として人気があります。

近年は豊胸バッグの種類が増え、さまざまな種類の中から自分の希望に合ったものを選ぶことができます。

豊胸バッグといえば以前は生理食塩水バッグが一般的でした。

生理食塩水バッグはシリコンバッグの中に生理食塩水が入っているものです。

内容物は人間の体液と同じ浸透圧に調整された食塩水で、万が一バッグが破損しても人体に害を及ぼしません。

感触は少し硬めで自然さに欠け、レントゲンにも透過しやすいというデメリットがあります。

コヒーシブシリコンバッグはシリコンバッグの一つで、コヒーシブには「硬く結合した」という意味があります。

この名前の通り、万が一バッグが破損してもシリコンが漏れない構造になっているのが特徴です。

クリスタルバッグは生理食塩水の欠点を改善したものです。

生理食塩水よりも漏れにくく、耐久性に優れています。

感触は理食塩水バッグより柔らかく自然な感触に近づいていますが、他のバッグと比べると少々固いというデメリットがあります。

CMCバッグは食品添加物や口内スプレーなどに含まれている安全な物質を使用しています。

滑らかで自然に近い感触から人気がありますが、最先端のバッグで安全性が十分に確認されていないことから、日本では扱っていないクリニックも多くあります。

他にも色々な豊胸バッグがありますが、豊胸手術においてバッグの選択はとても重要な問題です。

多くのクリニックでは実際に自分の手にとり感触を確かめて選ぶことができるため、自分の納得のできるバッグを選ぶことができるでしょう。