痛みへの不安

バストアップの手術を躊躇する理由に「痛み」への不安が多いようです。

実際にバストアップの手術では、個人差があるものの、少なからず痛みが伴います。

バック挿入法では脇下を切開しますが、手術中は麻酔をするため痛みはほとんど感じません。

しかし異物である人工バッグが体に順応するまで、しばらくの間は痛みを感じることになります。

また拘縮を予防するための手術後のマッサージでも痛みを伴います。

脂肪注入法では手術後3ヶ月程度は、脂肪吸引部が痛んだり、感覚が低下することがあります。

脂肪を吸引する部位によって痛みの度合いが異なり、一般的に太もも、腹部は痛みが強く、太もも、下もも、頬はひどく腫れることもあります。

こういった症状は時間とともに元に戻りますが、まれに知覚の低下が少し残ることがあります。

また、吸引手術を行った多くの人に手術後の1週間から2週間は内出血や青アザ、しびれなどの症状が出ます。

現在は医療技術やクリニックのサポートにより痛み止めや手術後の麻酔などの対策が充実し、痛みを軽減することができるようになっています。

豊胸手術は他の方法と比べて短期間で確実なバストアップ効果を得られる方法ですが、その分身体にはかける負担が大きいということを認識しておくことが大切です。

事前に痛みを心得ておくことで、不安を抑えることができるでしょう。

辛い痛みも豊かなバストを手に入れるための試練と考えて、前向きな気持ちで乗り越えましょう。