バストアップ・豊胸手術の方法 > バストアップ効果の持続

バストアップ効果の持続

現在は手術によって容易にバストアップすることが可能になりました。

しかし、一度の手術でサイズアップしたバストを永久に保つことはまだ難しいことです。

バストに豊胸バッグを入れるバッグ挿入法では、年限が経つにつれて体内のバッグは劣化し、形が変形することがあります。

また劣化や事故などの原因によって体内でバッグが破損することも考えられます。

こういった問題に対応するために、メーカーでは耐久性に優れた豊胸バッグを開発するとともに、手術後の定期健診、保障制度、交換制度を充実させるクリニックが増加しています。

近年注目を集めている脂肪注入法は、自分の腿やヒップなどの余った脂肪を吸引し、バストへ注入する方法ですが、個人の体質によっては約3ヶ月から6ヶ月で注入した脂肪の2分の1程度が体内に吸収されてしまうという問題があります。

そこで脂肪注入法では注入する脂肪の量を増やし、また幹細胞を同時に注入するなど、定着率を高める研究が進められています。

現在では半永久的なバストアップが可能になりつつあります。

脂肪注入法と同じく、近年注目されているヒアルロン酸注入法は、注射器によってバストへ体に無害なヒアルロン酸を注入する方法で、手術の手軽さや、仕上がりの自然さから人気を集めています。

しかし効果の持続は1年から2年と短く、ヒアルロン酸の質によっては短期間で体に吸収されてしまい、1,2ヶ月しか効果が持続しないことがあります。

ヒアルロン酸注入法でのバストアップ効果を持続するためには、定期的に注入を受けることが効果的です。