バッグ挿入法

バストアップを実現する手術の一つにバッグ挿入法があります。

これはインプラントやプロテーゼなどの人工バッグをバストへ挿入する手術です。

一度の手術で大幅なバストアップが可能で、これまでの豊胸手術では主流となってきました。

脂肪注入法やヒアルロン酸注入法が注目を集めている現在でも、その確実性からバッグ挿入法は多くの女性に選択されています。

バッグ挿入法は挿入する位置によっては垂れたバストを持ち上げることもできます。

授乳で張りが無くなったり、加齢によって垂れ下がったバストを持ち上げるのに適しています。

豊胸バッグといえばかつては生理食塩水バッグが一般的でした。

近年ではバッグの開発が進み、コヒーシブシリコン、ハイドロジェル、CMCバッグなど種類が豊富になっています。

またラウンド型、アナトミカル型、アシンメントリ型の形状や、表面の感触によってスムースタイプ、テクスチャードタイプがあり、個人の希望に応じて多くの種類から使用するバッグを選択することができます。

豊胸バッグに求められることは、耐久性に優れていることや内容物が変性しないこと、将来的に疾病を引き起こさないこと、異物反応がないことなどがありますが、近年開発されているバッグは以上のようなことが十分考慮された安全性の高いものです。

仮に体内のバッグに交換の必要性が生じた場合でも、多くのクリニックではアフターサービスや交換保障制度が設けられ、バッグ代無料で何度でも交換を受けられるようになっています。

バッグ挿入法というと切開手術の痛みや傷跡が心配されますが、麻酔によって痛みも軽減され、傷跡もほとんどのこらないため、安心して手術に臨むことができます。