バストアップ・豊胸手術の方法 > 豊胸手術前のカウンセリング

豊胸手術前のカウンセリング

豊胸手術は本人の身体に変化をもたらし、場合によっては本人の人生に影響を及ぼす重要な手術です。

そのため豊胸手術を扱うクリニックでは、手術前のカウンセリングを重視しています。

カウンセリングでは不安を解消することが重要な目的です。

バストアップの手術を望んでいても、手術に対する恐怖心や不安があるならば、まずカウンセリングでその気持ちを伝える必要があります。

また医師やスタッフとの信頼関係を築くことも目的の一つです。

手術を受けたい人にとって、カウンセリングは医師の良し悪しや自分との相性を見極める上で重要な段階です。

そのためには自分のバストに関する悩みを正直に話し、自分の理想のバストや、大きさ、イメージを十分に伝えることが大切です。

医師は本人の希望や悩みをしっかり理解した上で、インフォームド・コンセントを行います。

具体的には本人に合った手術方法の紹介や効果、麻酔、安全性、アフターケア、費用、メリットとデメリットについての説明をします。

手術の内容を理解し、クリニックが自分に合っていると判断すれば、手術の準備段階に入りますが、疑問が解決しなかったり、不安や恐怖心が解消できなかったり、または医師が自分に適していない、信頼できないと判断したならば、無理に手術を受ける必要はありません。

バストアップの手術について悩んでいる人は、まずは気軽にカウンセリングに足を運ぶことがバストアップを実現するための一歩となるでしょう。