ECM注入法

近年、新たに開発された豊胸手術にECM注入法があります。

これは脂肪注入法がさらに進化した方法で、脂肪注入法と同様に自分の脂肪を使用するため、異物反応やアレルギー反応の少ない安全な方法です。

これまでも脂肪吸引法は、豊胸手術の中でも無駄な脂肪を落としてバストアップができる一石二鳥の方法として人気があり、人口バッグなどの異物を挿入することに抵抗のある人に多く選択されてきました。

しかし従来の脂肪注入法は注入した脂肪の定着率が低く、吸引部分が凸凹になるなどの問題がありました。

また、しこりができやすく、満足のいく仕上がりが実現する確立は低いというのが現状でした。

美容整形業界ではこうした問題を解決するためにさまざまな研究を重ねた結果、あらゆる問題の原因はバストへ注入された脂肪へ、血液が供給されていないことにあることを突き止めたのです。

新たに開発されたECM注入法では、まず吸引した脂肪を脂肪細胞や幹細胞、コラーゲンなどに分離、精製します。

そして脂肪細胞に自己コラーゲンゲルを混ぜて粘性を加えながらバストへ注入します。

これにより細胞はコラーゲンを土台として生着し、コラーゲン層には新たな血管網が作られ、コラーゲンを土台としていた細胞自体が生着します。

この方法によって従来の脂肪注入法では不可能だった3カップ以上のバストアップが可能になりました。

ECM注入法とは、これまでの脂肪吸引法のメリットはそのままに、より効果的なバストアップを実現する方法だと言えます。