バストアップ・豊胸手術の方法 > 豊胸手術前の準備

豊胸手術前の準備

近年、豊胸手術は技術の目覚しく進歩し、多くの女性のバストアップを実現しています。
しかし、どれほど技術が進歩したといっても、健康な体の脂肪を移し変えたり、異物を挿入するということは、体に大きな負担をかけていることに変わりはなく、体が順応するまでにはある程度の時間がかかります。
体が順応するまでの期間はできるだけ療養に専念しながら生活がスムースに送れるために、手術後の生活を視野にいれて準備をした上で、手術に臨むことが望ましいでしょう。
手術後の順調な経過や合併症のリスクを減らすために、クリニックでは手術前に注意事項が説明されます。クリニックの指示に従って慎重に生活を送ることが大切です。
手術後は個人差があるものの、多かれ少なかれ痛みがあります。人によっては日常生活に支障をきたすほどの痛みが出ることもあるため、1週間分から2週間分の食事の準備や、おなかがすいた時にすぐ食べられるものを準備しておくとよいでしょう。
また少なくとも2、3日、可能ならば1週間程度は仕事を休めるように段取りをしておく必要があります。
療養中は部屋を暗くし、いつでもベッドで休めるようにしておくとよいでしょう。また手術後の痛みや異物感を紛らわすには、気に入った音楽やDVDなどを準備しておくことも効果的です。
バストアップを実現するためにはいろいろな準備が必要になりますが、自分がバストアップをした姿を思い浮かべ、楽しく準備をしましょう。